モナコリンプラス

健康食品を扱う上で大切に考えている事

本物とは? 安全とは?

食品としての安全性とはどういったことでしょう。健康食品は加工食品ですので、原材料の厳選、加工の過程で行われる厳重な品質管理などは当然重要です。さらに、日常の食事では不足している栄養分を補う役割の健康食品ですから、お客様にわかり易く、内容物の栄養成分などが明確に表記されていなければなりません。

しかし、驚く事に現状の健康食品における成分表記は、決して充分とはいえない商品も出回っています。原材料の表記だけで含有量が書かれていなかったり、あるいは推奨する1日の摂取量あたりの含有量がなく、ひどいものは一瓶まるごとでも80gしかないのに100gあたりの表記であったりするのです。これでは、安心して飲む(食べる)ことなど出来ません。

ビタミンもゆっくりと適量を吸収することがベスト!

過剰摂取に注意健康食品も「食べ貯め」は出来ません。体に必要な吸収をするために消化し、吸収しきれないものは排泄されるのです。 たくさん摂るほど体に良いと思われがちなビタミンについてですが、実はビタミンには水溶性(B1、B2、ナイアシン、B6、葉酸、B12、パントテン酸、ビオチンのB群ビタミンとC))と脂溶性(A、D、E、K)のものがあり、水溶性ビタミンは水に溶ける性質をもち不要なものは対外に排出されるので、多く摂りすぎてもあまり心配はありませんが(腎臓疾患の方は別)、脂溶性ビタミンは油脂に溶ける性質をもち、水に溶けないで体内に蓄積されたままになるので、種類によっては多く摂りすぎると体によくない症状を引き起こします。

ビタミンAを摂り過ぎると、頭痛、筋肉痛、食欲不振などの症状が現われてくるといわれています。ビタミンDを摂り過ぎると、骨からカルシウムが分離し、骨がもろくなったりすることも。また乳幼児の場合は、臓器にカルシウムが貯まり過ぎるという報告もあるようです。(力ロテンの仲間で緑黄色野菜などに多く含まれるβ功ロテンは、たくさん摂っても体内で必要に応じてビタミンAに変換されるので、過剰摂取の心配はありません。)

モナコリンプラス

ビタミンが不足した場合は補うことが大切ですが、サプリメントなどで摂取した際は、吸収が早く、体内の濃度が急激に高まるので適量を守るなど注意することが必要です。本来なら、必要な栄養を食事でしっかり摂り、ビタミンが徐々に体の中へ吸収される状態にある方が良いのです。それでも、日々の食事では補えない栄養や加齢による体の変調に対して適切な成分を摂取することは、私たち現代人が健康を維持するために重要な事ですので、サプリメントや健康食品の賢い選択と摂取を心がけたいものです。以上のことから、「モナコリンプラス」は1日に必要な成分をお食事と同じように、2〜3回にわけて摂取することをお勧めしています。

自然に近い補助食品を!

健康食品を大別するとビタミンやミネラル補給などをメインとするベース型(サプリメント系)と体のどの部分に良いなどとされるオプショナル型(主にハーブ系など)です。 目的や期待をもって利用する健康食品ですが、あくまで食品であるという意識で選ぶことが大切だと思います。最近では健康食品に使用する原料にもあらゆるテクノロジーを駆使して新しい開発がされています。吸収率やスピードを上げるのは素晴らしいことなのですが、一方で私たちの体はそんなにスピード吸収、あるいは効率吸収して良いのでしょうか。前述のビタミンにも注意が必要であるのと同じように、あらゆる成分も過剰摂取は良くないと思われます。

ヘルシーバンクでは、今後も、「昔から体に良い」とされる食材から得る栄養分をメインに、より自然にスロー吸収されるように商品設計をしてまいります。

お問い合わせ
ページの先頭へ